スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挿絵かきかき

おりえでぃさんに挿絵を三つ載せて来ました。や、またしてもしょぼしょぼのアナログ駄絵(加えて写メ)なんですが

掲載ページは「はじめに」で確認を



本当にしょぼしょぼですよ
スポンサーサイト

きたーーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーー



ねんがんのサイレントウォールをてにいれたぞ!!

三枚積みもできたし、本格的に防御的デッキが作れるかな?まあいまだにタワーに近い状態だけどww
テストが近いのに俺は何をしてるのかしら




-サイレントウォールとは-

フラッシュで効果を発揮するのマジック。このマジックを使用したバトルが終了したとき、相手のアタックステップを強制終了させてしまうという強力マジック。アタックステップの次にはエンドステップしかないため、このマジックを使った場合実質上バトル終了後に相手のターンは終了となる。フルアタックをされると負けてしまう状況で、ぎりぎり相手のスピリットを疲労させたところでこのマジックを使用し、相手の守りが薄くなったところで返しのターンで決着、というのが主な使い方。
その強力さゆえにのカードが他に全く入っていないデッキでもウィニー以外であればこのカードが3枚積みされているのがほとんどらしい。
因みにブリザードウォールという似た効果を持つマジックがあるが、こちらは「そのターン中に受けるライフへのダメージを1に留める」というもので、ステップ強制終了は不可能。しかしダブルシンボルのアタックもダメージ1にでき、コストも一つ軽い。


そんな具合っすね。バトスピにおいてはもう防御つったらこのマジックですし、特に防御型デッキを作るとなったらこのマジックは必須級だったり。

ところで最近落書きレベルの絵しか描いてないな。りはびりにこはくんでも描こうかな…
うそですごまんなさい


ポケBW

新情報が公開されていたので、概要と個人的感想をば

新ポケ

ムンナ
新技“テレキネシス”を引っさげて登場。相手を宙に浮かせる技とのこと。味方に使えば味方が浮遊や飛行タイプ、“まもる”を覚えていなくても地震無双ができるかも

マメパト
鳩。ピジョン系統より鳩。新特性「はとむね」は、防御を下げる効果を受け付けないという地味に強力。

チラーミィ
第一印象「クルモン」。DPtのミミロップポジション?メロメロ体とテクニシャンの二種類の特性持ち。“スィープビンタ”は往復ビンタとどう違うか不明だけど、一発の威力は低いだろうから、テクニシャンが活きそう。

シママ
名前がまんますぎる気が…たぶんRSEのラクライ、DPtのコリンクポジション。何気に電気エンジン持ち。新技“ワイルドボルト”は説明から突進の電気版と思われる。もし物理技になるなら、ぜひレントラーにプレゼントしてあげてゲーフリさん。

メグロコ
え、メガネコ?水辺の生き物がモデルなのに水じゃないのはたぶん水ポケの数が多いから。フカマル系統も同じ理由で地面になったと思われ。新特性「じしんかじょう」は相手を倒すと攻撃が上昇する。上昇量が一段階なのが少し物足りないかな?

ヒヒダルマ
名前はポケモンっぽいけど見た目はポケモンぽくない…DPtでは極端に少なかった炎ポケは今回ちゃんと増えてくれるんだろうか。「ちからづく」は技の追加効果と引き換えに威力を高めるまさに「正面突破でポケモン勝負トータル」な効果。通好みな感じだけど、うまくいかせる環境がでてくるんかな?

ギアル
ギアモン二兄弟。一匹でプラスルとマイナンの専用特性をひったくった。プラマイ進化フラグ?でもレアコイルみたいな「頭部を複数持つ」奴が出てきてくれて個人的にはうれしーな。

新キャラ

・アララギ博士
シリーズ初の女性博士。でもどっかで聞いたことあるような…?
なお、画面写真で確認できるけど、なんとテキスト内で漢字が使われている。

イッシュ地方全体図公開。東北の可能性はまず潰えたorz
でも本当にモデルはどこだろ。やっぱ外国?
スクリーンショット3は多分ジムかなんかだと思われ。

・便利な操作と戦闘画面
便利ボタンはメニューにまでショートカットを設定可。戦闘中に天候状況が表示されるのは地味に便利。
ところで、「Fight!」とか「Bag」とか「Pokemon」とか「Run」って一体ww

詳しくは公式サイトを参照とのことだけど、良くも悪くも斬新に進化しましたな。
なんだかんだ言って新ポケ期待してますし、個人的に漢字表記はかなり嬉しいので、十分期待できると思いますよ。

たまりこみんぐ



さて本編じゃなくて用語解説の方だけどおりえでぃさんを更新してまいりましたお。結局は吹っ切れるのを待つしかないという結論にふぃのはたどりついたようですww
つってもあと本編も2,3話そこらでラストだし、切るにはもったいないしぃ。
めがしさんのコメ返しはしばらくしたら行くので、少しのお待ちを

さてさてところでぷよ7(中古)を買ってまいりましたww
妹が待ち望んでいた鞄出現も済ませたから後は遊ぶくらいしかやることないけどなん
にしてもストーリーを一通り遊んでみたけど、シェゾこと変態(あ、逆か)とアルルの絡みが一切ないってどういうことよSE☆GA
やっぱぷよ!の方が良かったかな…カービィでいうところのウルデラだしなあ。

拍手返信お待たせしましたー

>霊妙さん
どうもです、ミジュマルですが救いはファンに委ねられてますねえ、可愛く描くしかないということで(
進化形が最後の砦、というところだけど、大丈夫かなあ…
迷惑でも役立たずでもないですよ、一言でも声掛けてもらえると励みになるんで、ゆっくり声掛けてくださればそれでも嬉しいです^^
そんなわけで、ありがとうございましたー^^

>P刈さん
お久ですー^^ おーっキリ番おめでとうございます!いまや放置状態ですけど、倉庫として充実させられれば…(
おりえでぃさんはまた更新が遅れると思うんで、ゆっくり読んでくださってもおkですよー。風詩も来てくださるとなるとあっちも恥ずかしくない面構えにしないとなあ・ω・ とはいっても風詩は短編集みたいなもんなので無理に全部読む必要性はないですお
宣伝コメですが、まあコメ乱の本来の存在意義を考えればあそこに宣伝目的でぽんと投稿するのはほめられたものでもないですなあ
評価の変動ですが、まあ多分調整を加えてる人ってのもいたりするんですかね。最近はポケノベの年齢層が下がりつつあるので、不十分な動機の評価が多いのは仕方ないように思えますけど、やっぱり見直した方がいいんじゃないかなああれ…
読んだサイン…まあそれならそれですけど、評価は数字ぽんで済ませられますし、あまりにも曖昧すぎるので数字だけなのは正直に言うと不安まみれになっちまうんです。5段階の数字でしか表せないんでね、まあブログなんかで「読んだよー」って書いてもらえた方が個人的に安心できますというかね、我がままで申し訳ありませんけど、「その程度で十分」みたいに思われてる気がして数字で終わらされるのがすごく怖いんですよ。評価は基本作品全体にするものですから、1話だけのために短時間分の評価を作品に入れるのは僕としては妥当ではないと考えるです
P駆さんの凄まじい人望に嫉妬して意図的に評価下げたりする輩が現れるかもしれませんが、負けずに頑張ってくださいね。僕にはすでに対抗勢力が付きまとっている節がいくつかあるんでww
ではありがとうございましたー^∀^ノ


ノベルについての

先週月曜辺りからおりえでぃと風詩両作品の評価を停止中にしました。
連載停止中止ではありません。ただ、前述の月曜、少なくとも、一日という計60話以上の二つの作品を読みきるには恐らく短いであろう時間の中で、二作の評価に非常に怪しい動きがあったため、こうして保護目的として評価を停止しました。
覚えている限りでは前日の夜辺りは評価に変動がなく、その翌日、評価設定を変更した日の夜の段階で確認した数値です。特に風詩の激減ぷりは非常にわかりやすいです。
評価の変動は平日なので、まず学校なり仕事なりでPCでだろうが携帯でだろうが読み切るには確実に何時間も要するであろう二作の評価が一緒に、それも大きく下がっていたこと(更に言えば減少したのはふぃのの小説だけと思われる)から、まず一人の人が真剣に60話もの文章を読むにはとても時間がなく、にも関わらず評価が当時に変動していた。非常に怪しいです。
二人の方がそれぞれ片方ずつ読んで評価を入れたと考えても、風詩はともかくおりえでぃは59話、表の文章のみならず細部にまで入り込んでもKaZuKiさんは8時間以上経過したわけですからね、やはり学校から帰って日が変わる少し前に読み終わるほどの時間もないでしょう。
なのでまず、「ほぼ全話、内部まで真剣に潜り込んだ上で」の二作品の評価というのは到底考えにくいです。

まあ、皆さんお分かりのように徹底ノベル板の評価システムは、「ユーザーなら誰でも、加えて作品自体を読まなくても簡単に入れられる」ようになっています。そして、入った評価の値、入れたユーザーの情報は閲覧者、作品の管理者が確認することはできません。唯一確認が可能なのは「入れた本人」のみです。所謂、匿名性というものですね。だから、作品に対して真っ当な意味合いで評価を入れることも、作品にろくに入り込もうとせずに評価を入れることも、作品とは全く関係の無い目的で評価を入れることも容易くできてしまうわけです。

ふぃのは前々から「作品には作者の意図を探るつもりで向かうべき」的な主張を繰り返して来ました。これを行うには相当な時間と労力が必要ですが、これすらできないのであれば、まず評価を入れる資格は無いと言えるでしょう。
何故ならば評価は「作品全体を総括して行うものであり、人によって基準の差こそ在れども、表紙を目に止める不特定多数の閲覧者からの印象決定に参加する責任」が存在するからです。評価を入れるという一つの行動でさえ、インターネットという社会にはみ出た場所である以上は責任重大です。
そして、そうした本当の意味での作品の評価をする中で、良い悪いの二極化では片付けようの無い感想を抱くはずです。数値で示すことのできないものに対して、読者が作者に示す手段、それがコメント機能なわけです。
最近やたらとそうしたコメが減少するどころか、他の方の作品で宣伝目当てのコメをする方も現れるようになっており、俺としては残念です。
コメや評価が欲しいからコメをする。一つのコミュニケーションの形なのかもしれませんが、物書きとして通じ合うツールを利用する礼儀としてはあまりよろしいものではないと俺は考えます。
新・その守護が評価解禁から早くも高評価で点灯してましたが、やはりあの速さ、高数値からして皆さん簡単に5とか入れてしまったのかなあ。
無論P猟さんのレベルの高さは俺も十分理解してますが、でも「レベルが高い」という観念だけで簡単に高い評価を入れるのはよろしいこととは言えないです。低い評価を入れろと言いたいわけではないですがね、ゆっくりと読んで評価を入れるべきでしょうよ。

俺はテーマをとにかく大切にすることを心がけています。もちろん表も大切ですが。
そうしたテーマを模索してくださる読者様のコメはとてもありがたいものです。正直に言えば「5の評価を10個」もらうよりも一つのコメの方が嬉しいです。評価も嬉しいですがね。
コメも読者様も多い方が良いです。それだけ色んな意見が聞けるわけで、良い悪いの二極化した意見の形よりも楽しいですし嬉しいです。
本音を言えば、やはりたくさんのコメが欲しいです。

おりえでぃも風詩も、最新話は後書き以外のコメが一切なく、評価だけがしんみりと動いている状態です。読んでくださった方がいたとしても、読んで何も感じないほどの浅はかな視点であれば、評価が上がっても俺は喜べません。作品の文章を貫いて作者の意図にまで潜り込む、そういう人に読んでもらいたいです。
評価は上から目線でするものではなく、対等な目線でするものです。そうしてでなければ見えないものもあるし、作品と読者、そして作者との関係も築かれるわけですからね。

評価は問題無いと判断した頃合いに再び解禁するつもりです。ただし、その後も怪しい動きがあるようであれば、管理人様に調査を依頼するつもりです。
場合によっては評価システムの見直しも要求するかもしれません。


最後に、読者として作品を閲覧し、作者として執筆に励む方々へです。
皆さんは作品を「見てやっている」のではなく、「見せてもらっている」のです。
作者の方々は、「見せてやっている」のではなく、「見てもらっている」。
このことを忘れないで欲しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。