スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルスピリッツ ブレイヴ第42話 立ちはだかるバローネ!獅機龍神ストライクヴルム・レオ!



7月17日のバトスピブレイヴはお休み!今回はゾイド新世紀/0が1日限りの復活放送だ!



どうでもいい冗談は置いといて宇宙に旅立ったダンさん一行は地球に帰還。艦長の意向でお持ち帰りしたアンジュを改めて人類軍に受け入れる。
が、自己紹介時に面と向かわれた火山長官が赤面。まさか今後艦長と長官で嫁争奪戦勃発展開来るの!?



そしてまゐ様が以前の自分で痛いと突っ込んでいたころの名前で魔族側について暴れまわっていることがダンさん側にも知られることに。まゐ様はまあ魔族と人間の協調の目的で魔族側に乗り込んだんだろうけど、何も告げずに行ってしまったおかげで一部からのまゐ様の信頼に亀裂が生まれ始める。ただその一方でダンさんとくラッキー艦長の元戦士コンビは「まゐ様は裏切ってないもん!」と彼女を信じ続けることに。
まあ、ダンさんが「迷ってる暇はない」っつって、バローネさんも「魔族が混乱してて人間を食いつぶしかねんから俺が奴らを引き留める」ってなった中でまゐ様の決別だからねえ、単純に裏切ったという風には考えないだろうね



そしてスズリンはさっそくとばかりに天秤造神リブラ・ゴレムを発見。前回のピスケガレオンと同様に名前が出るだけの出番だけ。

うわあああああああああああああああああああああ!!俺の嫁になんつー仕打ちを!おのれ一体どうしてこうなった

そしてさらに獅子座の十二宮Xレアの在り処を突き止め、その付近までたどり着くが、そこに忠犬イオラスが出現!「悪いけど獅子座は渡さないもんね!」と言って硯とレーシング開始。レーシングに勝って扉の仕掛けを解いたはいいが、横っ飛びで硯を吹き飛ばし忠犬イオラスが獅子座をゲット!

そこに遅れてやってきたゾルダー教官とバローネさんが獅子座をかけた戦いを始める。がしかし、バローネさんは「どうせだから天秤座も賭けようず」と、獅子座に加えて天秤座もかかった戦いに。これが男と男の戦いや!



ゾルダーさんは勇貴デッキではなくてセンチュリオンデッキで挑む。一方のバローネさんはやっぱり獅子座をデッキにぶち込んでいたのであった。

ゾルダーさんは「てめーがダンさんの邪魔すんなら俺はお前をぶっ潰す!」とバトル中に何度も連呼
おまっ……いくらおホモだちが出て行ったからってムキにならなくてもいいじゃん!(ちょ


先にエースを召喚したのはゾルダーさん。太陽龍ジーク・アポロドラゴンを召喚。早くもフィールドの主導権を握りに行く!
しかしバローネさんも負けてはいない!ついにバローネさんも進化した新たな我が友、獅機龍神ストライクヴルム・レオを召喚!

フィールドに降り立つその巨体!白銀の美しい装甲!その重量感!魂の咆哮!この機体こそ共和国軍が新たに投入した究極にして最強の機体!見るがいい、これが未来人たちが科学の粋を集めて作り上げたゾイド、ライガーゼロだ!!
ライガーゼロを彷彿とさせる白い期待に金色の爪と牙、ブレードライガーやムラサメライガー、ゼロシュナイダーを思わせるブレード部分……、
フィールドを駆け巡る音声、咆哮音、両方ともサウンドがゾイドと同じ!
スタッフ完全にゾイド意識してるな……。

それだけではない、レオ我が友操るバローネさんの対戦相手ゾルダーさんの中の人である櫻井さんはゾイドスラゼロの主人公ビットの役も務めており、さらにまゐ様の声優川澄さんもスラゼロにおいてヒロインのリノン役を担当。
さらに、無印ゾイドにおいてもロッソとヴィオーラが正体を隠している間は自らを「アーラ・バローネ」と名乗ってたり、ゾイドシリーズでは伝統になっている「恐竜と獅子がライバル」という図式が「ダンさん=ドラゴン系(恐竜)」と「バローネさん=ライオン」という形で成立したり、ブレイヴもスラゼロも前作ネタが多かったり……

偶然が重なって生まれた奇跡!こじつけがましいとか言うな!

そしてバローネ様はホーク・ブレイカーを召喚し、そのままレオ我が友に合体!
ゾイドとゾイドが合体する……見よ、これがZiユニゾンだ!
ライガーゼロとホーク・ブレイカーが合体したことにより、ライガーゼロ・ホークが完成したのだ!

我が友の初アタック!ストライクレーザークロー!!
ライフへのアタックのモーションがまんまストライクレーザークロー!アングル変えればもう完璧だな……

そして次のアタック時にはゾルダーさんはバルガンナーを合体したアポロさんでブロック、アポロさんの砲弾の嵐を高速で駆け巡りつつ左右にかわして突っ込んでいく我が友ライガーゼロ!
まさにこの疾走感、アクション、ゾイドバトルそのもの!

攻撃的な性能を持った姿に進化した我が友の怒涛のラッシュに押され、敗北寸前にまで追い込まれたゾルダーは「馬神弾をこの時代に呼んだのは俺だ」と告げる。
真実を知り、バローネさんはゾルダー教官に最後のアタック。そのとどめはストライクレーザークローではなく、何と口内に装備した荷電粒子砲!
このライガーゼロ荷電粒子砲まで装備してるのかよ……なんという高性能……。

戦いだけを求めていた自分に「強さの価値」と世の中の状況に向き合うことを教えてくれたダンさんをこの時代に呼んでくれた教官に感謝し、バトルフィールドを去るのであった……



戦いの後、硯は上司のバローネさんではなく教官についているフローラに「なんでバローネといかないの」と尋ねる。それに対しフローラは「兄様(教官)もバローネ様も未来の地球の平和のため尽くしてくれる、その誇りとして私はここにとどまることにしました」と返す。
そうだよ教官、バローネ様は敵になったんじゃないんだ!ダンさんの邪魔をしたいわけじゃないんだよ!ダンさんに「お前が十二宮Xレアをそろえて地球の崩壊を止めてもそのあとに問題が残る、俺はその問題を防ぐためにしばらく俺は別行動をとる!」って言っただけなんだよ!別にダンさんや教官を嫌いになったわけじゃないんだよ!バローネさんは要するにツンデレなんだよ!!


ということで今回はライガーゼロにバローネつながりにアクションにZiユニゾンに、まさにゾイド総集編と言っても過言ではない最高の出来栄えでした!スタッフありがとう!ありがとう!




次回、第43話は消えたと思われた親父殿が奇跡の生還!ロリコンになって帰ってくるよ!!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎バトルスピリッツブレイヴ第42話「立ちは...

宇宙からの探索で、消失した極点が南極にあることを確認したソフィア号は、人類軍ロケット基地に帰還した。一方、魔ゐことヴィオレ魔ゐは、バローネの片腕として活動し、バトルで勝...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。