スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷静に、しかし「完璧に」は不可能


甲子園は興南が優勝かあ、結局13-1なんて大量点差になったけど、もうちょい均衡一線を行く試合の方が…なんてケチ付けるのはエンターティナーに対してか。野球はエンターテイメントじゃないからね。
投打にわたって一番だった興南だけど、試合が始まるまではほんとにこんな一方的になるとは思ってなかったなあ。
島袋君も結構疲れてただろうし、決勝の相手だけにここまで通りの投球は難しいと思ってたけど、本当に圧巻だな。


そういえば島袋君の投球フォームは野茂のトルネード投法に似てるけど、報ステの栗さん曰く、野茂を真似たんじゃなくて、「速く力強いストレート」を追及するうちにこの結論に辿り着いたんだとか。
確かに良く見ると、似ているようで微妙に違う。
野茂の場合は体をひねった時、組んだ手を頭の後ろあたりに持って行くんだけど、島袋君の場合は捻った時、組んだ手を右足のひざの上に持っていってる。あと体のひねりも野茂に比べると小さめだから、盗塁を許しやすいという全盛期の野茂の弱点を抱えることも少なそう。それでいてあの球威。スカウトの目も彼に集中しそうだね。高校ドラフトが楽しみだ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。